福島大学       福島大学 渡辺晃一研究室術の現在・現代の美術
         
福島大学 芸術による地域想像研究所
 
   
福島現代美術ビエンナーレ  
風と土の芸術祭 Artown in misato  
芸術による文化活動を通じた街づくり・地域の活性化に関する実践的研究
The Institute of Regional Creation by Arts
HOME > 研究員の研究テーマ
 研究員の研究テーマ
研究員氏名 研究所の研究計画に基づく分担内容
渡邊 晃一 ( スポーツ・芸術創造専攻教員 )
本研究所の代表者として総括的な役割を担う
これまで全国生涯学習フェスティバル アートアドバイザーや「福島現代美術ビエンナーレ」、「会津美里 風と土の芸術祭」、飯野町や霊山町などと連携した企画展監修を行なってきた地域づくりの経験を踏まえ、現代美術の実制作、理論、教育実践を連鎖させる研究活動を展開する。
嶋津武仁 ( スポーツ・芸術創造専攻教員 )
主に音楽を中心に、芸術諸領域と文化的環境との関わりを研究する。
音楽を「音」だけの世界で捕らえるのではなく、視覚的、空間的な意味との関わりを持たせながら、音楽と他の表現芸術との境界、日常的行為の境界を超える活動を研究する。
地域の文化の既存の形態にコンピュータを用いた新たな芸術表現の融合について考察する。
天形 健 ( 大学院(学校臨床心理)専攻教員 )
美術と小学校、中学校をつなげる研究する。近年の学校教育に関わる環境をキーワードに、カリキュラム開発や授業展開の工夫について考察し、ワークショップを中心に充実した地域文化のあり方を研究。アートにおける学びを実感する教育方法と指導計画の研究を専門とする。
初澤敏生 ( 文化探究専攻教員 )
(1) 芸術文化による街づくりの必要性に関する研究をする。
  街づくりにおける芸術や文化の意義に関する理論研究。 従来のまちづくりに関する研究をサーベイし、その中で芸術文化を生かしたものについて理論的に検討する。
(2) 芸術文化を通じた街づくり・地域の活性化の事例研究をする。
  国内、国外の事例を広く収集し、成功要因に関する分析研究 ( (1) とからめて、ケーススタディを行う。 )
(3) 県内モデル地域における文化政策研究をする。
  文化資源の洗い出し、文化資源のネットワーク化に関する政策研究。( (2) とからめて、県内モデル地域の研究を行う。 )
小島 彰 ( 文化探究専攻教員 )
県内モデル地域における文化政策研究をする。
文化資源の洗い出し、文化資源のネットワーク化に関する政策研究。
澁澤 尚 ( 文化探究専攻教員 )
文学・思想・神話を中心に、言語領域と文化史との関わりを研究する。
漢字の持つ視覚的なイメージを基盤に、地域における神話伝説がどのように生まれ、伝えられてきたかを考える。また「目に見える」実体としての文化のみならず、シャーマニズムなどの文化、神話・歌謡・風俗などを解明することにより、古代と現代との関わりを再検討する。
辻 みどり ( 行政政策学類教員 )
専門分野:英国文学・文化、比較地域文化論
19-20世紀英国の芸術文化政策およびアートブームとの比較を踏まえて、21世紀日本における「生活のアート化・アートの生活化」の意義と可能性について比較の視座から調査研究する。
地域住民の生活の向上にアートが果たす役割、そのための文化政策のありかた及び可能性、文化装置としての美術館の役割と地域における既存の文化資産としての美術館の位置づけ及び活用方法などを取り上げる。
2008年度に実施した「美術館とまちづくり」プロジェクトの成果をもとに、美術館と大学の連携を地域住民を含む活動に展開する実践的活動を並行して行う。
久我和巳 ( 行政政策学類教員 )
「福島こどものみらい映画祭」実行委員長として、映画を通して、未来へつながる地域づくりを考察する。地域における映画上映活動、「ふくしま映画塾」などによる住民参加の映画づくり、こどもたちに対するシネ・リテラシー普及に向けて、取り組んでいる。
震災後、各地での上映や映画づくりを通して、地域再興の過程で文化や娯楽のもつ意味について改めて考察している。
田村奈保子 ( 行政政策学類教員 )
専門分野:フランス文学・文化、欧米文化論
19-20世紀フランスの芸術文化の市民レベルでの発展との比較を踏まえて、21世紀日本における「生活のアート化・アートの生活化」の意義と可能性について比較の視座から調査研究する。
フランスを中心としたヨーロッパにおける美術鑑賞・鑑賞教育に関する事例の紹介・研究。地域住民の生活の向上にアートが果たす役割、そのための文化政策のありかた及び可能性、文化装置としての美術館の役割と地域における既存の文化資産としての美術館の位置づけ及び活用方法などを取り上げる。
2008年度に実施した「美術館とまちづくり」プロジェクトの成果をもとに、美術館と大学の連携を地域住民を含む活動に展開する実践的活動を並行して行う。
後藤康夫 ( 経済経営学類教員 )
専門分野:政治経済学、現代資本主義論
これまでのモノ・カネ、あるいは、生産・消費に代わる「表現や人間発達」を内容とする「新しい豊かさ」概念の理論的研究
北米の西海岸(サンフランシスコやシリコンバレー)を中心とする「創造・ネット地域」の実証的研究
天野和彦 ( 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター・特任准教授 )
学校教育および社会教育の現場、さらに行政に携わり、各種行事やイベント、施策を進めてきた豊富な経験から、これまでの企画力や各種団体とのネットワーク力を生かした実践力を通して、研究所をサポートする。
特に障害児教育を専門とし、県教育庁生涯学習文化グループに所属して県内の学習網を構築するためのしくみ「県民カレッジ」の立ち上げ準備を3 年間してきた。県内の関係機関、団体、個人の県内ネットワーク構築を手がけてきた経緯がある。
星野 ?二 ( 名誉教授 )
文化政策、マネジメント、イベントプロデュース研究
国内外のアート・フェスティバルの比較研究を通して地域におけるアート・フェスティバルのあり方を研究する。 またアート・プロデュースの観点から、企画運営(コンセプト)、運営組織、資金(収支)などの企画やマネジメントに関する研究を行なう。
熊田喜宣 ( 名誉教授 )
デザイン諸領域を中心に地域文化との関係を研究する。街中でのポスターや新聞広告に代表される広告デザインや図表デザインなどの視覚伝達や、カタログ制作を通しての編集デザイン、地域文化の中にユニバーサルデザイン等の情報がどのように息衝いているかを研究する。
澤 正宏 ( 名誉教授 )
文学、詩を中心に、芸術諸領域と文化的環境との関わりを研究する。
成長期の人間の言葉や文学作品(日本の明治時代以降、現代までの主に小説、詩歌など)における創造世界の問題を言語文化の側面から、地域社会と関連づけながら研究する。作品研究、批評を通して、作品制作者と鑑賞者とを結びつける役を担う。
 連携研究者
研究員氏名 研究所の研究計画に基づく分担内容
佐々木吉晴 (いわき市立美術館 館長)
本プロジェクトでは特にいわき地区(浜通り)における芸術文化の浸透・進展に資する実践研究を通して大学と連携する。
開館以来、いわき市立美術館の主任学芸員として展覧会やワークショップを企画、監修してきた。専門は西洋近代美術、現代美術、パブリックアート、博物館学。 1996年よりいわき明星大学非常勤講師(博物館学概論、文化政策論等)
川延安直 (福島県立美術館 学芸員)
美術史・民俗学の側面から会津若松を中心に福島県内の美術作品の文献資料を調査。
本プロジェクトでは、会津地域の伝統職人、県内外のアーティストが交流する場をつくり、提供していく中心的な役割を担う。具体的には、会津地域の地場産業である「会津漆器」「会津本郷焼」との協調を行うなかで、地域の未来を担う学生が、伝統職人の高い技術を学ぶ場を設定し、工房めぐりなどを通して学生と地域との交流を促進する。さらに、学生と職人との共同作業によって、伝統工芸技術を生かした作品制作までを視野に入れた講座も開催する。
小林めぐみ (福島県立博物館 学芸員)
美術工芸を主とする福島県内の文化資源について調査。文化資源の地域における再発見・再認識につながる文化事業の効果と役割についても研究する。福島県内の伝統工芸に携わるつくり手と地域、地域で学ぶ学生との交流の場も創出する。
1996年より福島県立博物館に勤務。2010〜2012に、会津の代表的な文化資源である「漆」をテーマとした「会津・漆の芸術祭」を企画運営。
増淵 鏡子 (福島県立美術館 学芸員)
文化資源の洗い出し、美術館と大学とのネットワーク化について研究する。
福島という土地が美術を支えもつ力を再評価するとともに、作家によって制作された作品と、それが交換・展示される場が相互に影響し合う風土の密接な関係について考察する。
従来の作家・作品論の枠のみならず、それぞれが息づいた地域風土にも視野を広げていく。
國島 敏 (福島県立美術館 学芸員)
おもに教育普及事業、美術館・学校連携事業、実技教室、ワークショップ、福島県内の学校への出張ワークショップ等の企画・運営について担当。
「福島現代美術ビエンナーレ」への出品と展示のサポートや、美術館と学校の連携活動、「つくる」「みる」活動を通しての実践と研究と情報発信を行う。
杉原 聡 (郡山市立美術館 学芸員)
本プロジェクトでは(県中地区の窓口を兼ねて)芸術イベントにおける街づくりの実践研究として研究所をサポートする。
開館以来、郡山市立美術館の教育普及に携わり、展覧会やワークショップを企画、監修してきた。専門は日本近代美術、美術館教育。近年は美術館と学校教育の在り方を研究している。
鈴木千賀子 (福島県企画調整部文化スポーツ局 局長)
・これまでの経歴は、市町村財政グループ参事、計画評価グループ参事、県南地方振興局次長、県北地方振興局長、労働委員会事務局長など。
・市町村財政や地方振興局の仕事を通じて地域づくりや過疎地の振興などに関わってきた。
・現在は、文化スポーツ局長として県総合美術展覧会、声楽アンサンブルコンテスト全国大会、伝統芸能公演「ふるさとの祭り」等の開催を進め、県全体の文化振興、生涯学習の推進、スポーツの振興に携わっている。
諏訪慎弥 (福島県企画調整部文化スポーツ局 文化振興課 主査)
・県立博物館とともに、2010年〜2012年に開催された「会津・漆の芸術祭」の立ち上げから関わり、会津若松市・喜多方市・三島町・昭和村でのアートの展示やワークショップを成功させた。
・また、昨年からは県のアートプログラムである「福島藝術計画」により、フラッグシッププログラムや週末アートスクールを通じ、アートの可能性を深化させ、著名なアーティストとともに大震災後の心の復興や地域の活性化等に取り組んでいる。
柴崎恭秀 (会津大学短期大学部産業情報学科教員)
専門分野である建築計画・まちづくりの観点から、アートイベントと建築空間、都市空間との連関性について研究していく。また近年、他所でみられる過疎地域、廃村や廃墟施設をリノベーションしてアートの展示空間や演劇、音楽などの舞台をつくるケースがあるが、福島県、東北エリア他で可能なプランニング、プログラムを検討していく。さらに環境を形成する上での地域材の活用と、地域に根ざす職能を有する人材との協力体制の構築についても検討する。
後藤宣代 (福島県立医科大学 非常勤講師)
専門分野:文化経済学、地域経済論、アメリカにおける芸術・社会論
?@東日本大震災復興における文化・芸術活動の役割に関する事例研究
?A芸術・文化活動の支援者・人材育成(NPOをはじめとする企業・行政・地域)とアート・マネジメントの実践的研究
?B芸術・文化活動の巨大な潜勢力が全面的に発揮されていく経済システムに関する理論的研究
?Cアメリカにおける「文化・芸術と社会運動」の調査・実証的研究
安室可奈子 (桜の聖母短期大学 / 日本大学芸術学部 非常勤講師)
専門分野:西洋美術史、研究分野:近世フランス美術における作品の成立過程と挿絵本出版史
市民社会におけるアート・ドキュメンテーションの役割についての研究
1990年代より図書館学と美術史の両専門分野が相互協力し、芸術作品に関わる文献や画像資料などの分類・管理方法についての研究が大きく発展した。地方自治体が行うアート・ドキュメンテーション的文化政策が、福島県内の美術館・博物館にどのように実現可能かについて研究する。またこの分野で著しい成果を挙げているフランスやアメリカ等の海外美術館での具体的事例についても報告し、市民社会にどのように貢献し得るかについて述べたい。
笠原広一 (福岡教育大学 教員)
これまで「霊山子どもの村」にて勤務してきた経験を活かし、子どもとアートと地域づくりをテーマにした研究を行ってきた。展覧会やワークショップの企画プロデュース、地域の芸術文化支援ボランティア育成の講座等を主催してきた。
福島や京都、福岡などで土地の自然や文化と芸術教育とのつながりをアートワークショップを通して探求中。子どもの未来と地域のための実践研究を進めている。福島大学大学院出身。
宗像利浩 (宗像窯窯元 / 陶芸家 / 客員教授)
地域活性化において現代に求められる資質を、会津本郷焼きの開発と作品、食文化等の関連を視野に研究する。
1999年 会津大学短期大学部 非常勤講
2000年 NHK BSやきもの探訪展 招待出品(日本橋三越本店)
2003年 日本陶芸展 文部大臣賞 受賞 ほか
中里知永 (NPO法人コモンズ理事長)
1979年、福島駅前にカフェ、コミュニティ空間を開店。1989年、パセオ通りオープン後、商店街組合の理事として活動(「七夕祭り」、「イルミネーション」、「金曜ジャズ」などを開催)。 市民活動家の立場から、現場感覚を持った提言をしている。
後藤 學 (喜多方市美術館 館長)
本プロジェクトでは、喜多方地区の芸術企画における実践研究として研究所をサポートする。 開館以来、喜多方市美術館の展覧会を企画、監修してきた。専門は油彩画の制作を研究している。
 
 
研究テーマ構成員研究概要研究計画研究員の研究テーマこれまでの活動事例掲示板HOME
© 福島大学 芸術による地域創造研究所. All Rights Reserved.