橋純一 研究室


<調査参加者の募集>


アファンタジア(aphantasia)の調査にご協力いただける方を募集しています。


アファンタジアとは,頭のなかで「視覚イメージを思い浮かべにくい状態」のことです。


私たちの研究チームは,アファンタジアの研究を進めることで,社会における理解の促進を目的としています。


内容は質問紙(グーグルフォームも可能)です。

また,可能な範囲で,日常生活におけるイメージのことについて,メールや対面でもやり取りさせていただける方も募集しています(質問紙のみのご参加でも十分です)。


ぜひ,ご連絡(メール)をお待ちしています。


橋純一(Junichi Takahashi) 博士(文学)


福島大学人間発達文化学類准教授

専門分野:特別支援教育,認知心理学


研究室では,感覚・知覚・認知を基礎とした「能力の多様性とその理解」について,心理学的アプローチを用いた実証研究に取り組んでいます。
感覚・知覚・認知は個人の内的な体験であり,どうしても周囲からは見えづらく,多様性の理解も進みにくい現状があります。しかしながら,集団において多様な能力が存在するからこそ,お互いが補完し合うことで創造が生まれてきたのだと思います。得られた基礎知見をもとに,社会や学校において能力の多様性が認められ,その理解(特に,障害理解)が促進されることを目指しています。

update 2021. 10. 07


2021.10.07 アファンタジアの調査にご協力いただいたみなさま,ありがとうございます。引き続き,調査にご協力いただける方を募集しています。
2021.01.26 「アファンタジア(aphantasia)の調査にご協力ただける方の募集」について記載いたしました。
        右隣の<調査参加者の募集>をご覧ください。
2020.09.11 HPをちょっと直しました。
2020.05.26 HPをリニューアルしました。